sarry
2004年秋、お互いそれぞれの音楽を追求するために結成。
約1年間、独自の音楽スタイルを確立するための準備期間を経て2005年12月より大阪を中心にライブ活動を始める。
静かに叫び、穏やかに狂うように繰り返すふじゆき(Vo)と、人の心の奥底につかみ掛かろうとする821(Ba)の2人編成。
ダークアンビエントを基調としつつ、ドローン、ドゥーム、ノイズ、エレクトロニカ、民族音楽からバレエ音楽まで、あらゆる恍惚音楽を飲み込み、時に呪術的に、時に語りかけるように、この世とあの世を繋ぐ幽玄な音世界を作り出している。
足元に無数の機材を並べ、ふたりだけであるのはもとより、歌とベースのみで繰り広げられる唯一無二なライブ・パフォーマンスも定評がある。
主なライブ拠点は、難波ベアーズ
(詳細プロフィール)

Through Fujiyuki's softly screamed vocals, gently echoing into madness, and 821's bass, which reaches for the innermost depths of the human heart, Sarry's music ? at times incantational, at times narrative ? explores the occult realm of sound that connects this world to the next.

Taking elements from various genres such as dark ambient, drone, Buddhist ritual music, krautrock, hardcore and noise, and blending them into an original style of performance using only bass and vocals, Sarry stands out even in Osaka's underground scene ? the most unorthodox in all of Japan ? and has received praise from musicians at the forefront of the Japanese underground, (more info)








Hermit by sarry_jp

Sanctuary by sarry_jp

daze Sound Photograph DAZE
Sound Photograph
[tracklist]
1. Cold Sea
2. Forest
3. Highland
レーベル:NOMART
詳細情報
Shiva Shiva
海外リリースLP
[tracklist]
LP:
Shiva
Memento mori
Album:
1.The Pain of Living
2.Shiva
3.The Joy of Life
4.Memento mori
レーベル:Heartless Robot Productions
詳細情報
Sarry Sarry
ベストアルバム
50枚限定海外リリースCD-R
[tracklist]
1.Requiem2
2.Stained glass
3.ψ(psi)
4.mandara
5.砂の星
レーベル:Reverb Worship
詳細情報
Souen Sou en
100枚限定海外リリースCD-R
[tracklist]
1.Kulichiah
2.Ash and holy river
レーベル:Reverb Worship
詳細情報
sarry_drowning horse sarry/drowning horse
100枚限定海外リリースCD-R
[tracklist]
sarry
1.Shiva
2.Memento mori
drowning horse 3.Mountains
レーベル:Dada Records
詳細情報
Revew(English)
sarry_roshara Roshara
カセットテープ
[tracklist]
Side1.Seika(精華)
Side2.Naraka(奈落伽)
詳細情報
sarry_roshara Roshara
50枚限定海外リリースCD-R
Sold out
[tracklist]
1.Roshara(絽紗羅)
2.Seika(精華)
3.Naraka(奈落伽)
レーベル:REVERBWORSHIP
品番:RW143
詳細情報
Revew(English)
sarryψ ψ
発売中
[tracklist]
1.覚醒
2.月夜
3.ψ
4.mandara
5.涅槃の森
価格:\1,575(税込)
レーベル:GYUUNE CASSETTE
規格品番:CD9542
詳細情報
sarryφ φ
発売中
[tracklist]
1.レクイエム2
2.ステンドグラス
3.この世の果て
4.マテリアル
5.砂の星
価格:\1,575(税込)
レーベル:GYUUNE CASSETTE
規格品番:CD9541
コメント:山本精一
詳細情報
 Live infomation



ライブチケットのご予約、お問い合わせはphipsi[アットマーク]sarry[ドット]infoまでよろしくお願いいたします。
ライブ/イベント出演依頼も承ります。

July 2013Archive

2013年8月24日(土)
cher-d'oeuvre シェ・ドゥーヴル

出演:
amabeys! (向井千恵・胡弓,Voice,dance / 松本智仁・12弦ギター / ememe・laptop,percussion)
Sarry
Cheekbone

19:00start
Charge 1,500円+order



8月17日(土)Bloodletting
@北堀江FUTURO

出演:
L'eclipse Nue(東京)
dance missing tilt
Sarry
Les Belles Noiseuses(東京)
IEVA + Go Tsushima

adv/door ¥1,000(+1drink)
open 18:30 start 19:00

8/17(土) Bloodletting at 北堀江 FUTURO
東京より、サンプリングを駆使したアグレッシブなインダストリアルノイズを展開する東京在住のアメリカ人アーティストL'ECLIPSE NUE(レクリプス ヌー)と、腕を回すことで電子音を発生する着せ替え人形を使用したインタラクティブ・サウンド・インスタレーション・アーティストのLes Belles Noiseuses(レ・ベル・ノワズーズ)を迎え行われるエクスペリメンタルイベント。男性一人、女性3人による密教系ユニットDance missing tilt、男女デュオでの歌ものドローンユニットSarryそして、京都在住のサウンドアーティストIEVAと大阪在住のインプロギタリストGo Tsushimaによるアンビエントデュオと、ひとすじなわでは行かない出演者達によって、この日、堀江のカフェが異世界への入り口となる。。。

L'eclipse Nue
東京を拠点に活動する、北米出身の異端音楽家Daniel Sine によるインダストリアル/ノイズプロジェクト。2009年にドラムマシンを使ったエレクトロドゥームにボーカル、ダウンチューニング・ベースをフィーチャーしたスタイルで活動を開始。その後は生楽器を離れ、親しみ易さと誠実さ、生々しく荒涼とした空気感を保ちつつ、サンプラー、シンセサイザー、自作の機器を通してより先鋭的なエレクトロ/ノイズサウンドを確立していく。L'eclipse Nueのサウンドはサンプリングを多用しつつも、全ての音源はDaniel自身ににより製作され、外部の音源は使用していない。中心人物のDanielは彼自身が立ち上げたインディペンデントレーベル"Dorei Recording"のオーナーでもあり、同時にイベント"Psychic Menagerie"の主催者でもある。

Les Belles Noiseuses
「レ・ベル・ノワズーズ」は腕を回すことで電子音を発生する着せ替え人形を使用したインタラクティブ・サウンド・インスタレーションです。
作品のタイトル「レ・ベル・ノワズーズ」はヌーベルヴァーグの巨匠、ジャック・リヴェット監督の映画「美しき諍い女 (いさかいめ) 」(原題:La Belle Noiseuse)と英語の「noise」をかけた言葉遊びです。
映画では画家とモデルの裸婦、そして作品制作の過程がえがかれていきますが、「Les Belles Noiseuses レ・ベル・ノワズーズ」の人形たちは言わばモデルであり、観客は「画家」となって様々なポーズをとらせ、サウンドスケープを描くことができるのです。



8月23日(金)
Spirit Of GMO
at 京都大宮Blue Eyes

出演:
SUTT(Berlin)
sarry(Osaka)
TAIKI MASAI(Osaka)
Rah-001 aka Ryoma Sasaki(Kyoto)
電樂二重奏(Kyoto,Shiga)
ememe(Kyoto)
VJ Wasabi(Shiga)

open 18:00 / start 18:30
charge 1500yen + 1drink order

SUTT
SUTTはSofie Trolde (vox,sampler)とUtku Tavil (drums,electronics)によるデュオ。
2012年6月にベルリンで結成。
夥しいジャンルの音楽から影響を受けているが、とりわけsample based musicやerror musicからの影響が大きい。
SUTTは、リアルタイムで録音したサンプル、或いは録音済みのサンプルのマニピュレーションを用いることで、
声と太鼓という最も古い楽器のうちの二つ(もし『最古の二つ』でなければ)の限界を遥か超える試みである。
http://soundcloud.com/suttemin
http://www.facebook.com/suttemin
http://www.utkutavil.com/music/sutt/

sarry
2005年12月より大阪を中心にライブ活動を行う二人組。
「この世とあの世を繋ぐ音の追求」をコンセプトに、ドローン、ミニマル、アンビエント、ノイズなどの瞑想的要素を独自のポップネスへと昇華した、正にドローンポップという言葉がしっくりくる音楽性。
2011年以降海外での活動にも視野をひろげ、イギリスのレーベルよりアルバムをリリースした他、2011年秋にはオーストラリアのパースにて、2012年10月にはベルリン、バーゼル、パリの3都市にてライブを行い、それぞれ現地で高い評価を得た。
足元に無数の機材を並べ、ふたりだけであるのはもとより、歌とベースのみで繰り広げられる唯一無二なライブ・パフォーマンスも定評がある。

TAIKI MASAI
2012年、Drum&Bass Album"UNBROKEN"をリリース。
以降、制作及びLIVEをIndustrial Mnimalにシフトし、Persian率いるUK レーベル"Existence is Resistance"、Berlinを拠点に置くテクノレーべル"Berlin Aufnahmen "などからインダストリアル、ミニマル等の尖端音楽へと傾倒した作品を発表する。
2013年、同コンセプトを定義とする"less is more"を阿波座nu things にて立ち上げる。
more info: http://taikimasai.com/

Rah-001 aka Ryoma Sasaki (TR- Kyoto/Lebensfreude)
Rah-001は、Ryoma Sasakiによるアンビエント・ノイズ・プロジェクト。アナログシンセやハードウェア機材と民族楽器等を組み合わせた独特の長尺サウンドをゆるやかに展開する。今回はディジュリドゥ奏者Kimも参加予定。
https://soundcloud.com/ryoma-sasaki

電樂二重奏
ぞうさんギター的なやつを分解したことによって生まれたノイズ発生装置を操るバルスと、
アップライトベースの間違った使い方をするtataiによるユニット。
二人の掛け合いから生まれる音楽は間違いだらけ。
http://www.youtube.com/watch?v=o-ow0Zvcae8&feature=player_embedded

ememe
元々はグラインドコアバンドを組もうとしていたが、メンバーが揃わず諦め、一人ででも出来るdtmを始めた。
音楽理論等を知らない為か、型にとらわれず非常に幅広いスタイルの曲を作り、また、同じスタイルの曲は作らないことを旨としてもいる。
ライブではラップトップを用いてのサイケデリックなノイズや、パーカッションの即興演奏をすることが多い。
2013年春にはベルリンでのライブも成功させる。
向井千恵氏、松本智仁氏との即興バンド、amabeys!でも活動。
https://soundcloud.com/amogano-a-k-a-ememe


VJ WASABI [WASBEEN]
マルチクリエーター。
世界を放浪して得てきた情報をアートという形で再構築する。
2010年ノイズイベント電子山にてVJとして異空間を演出。
そして2013年に汚点紫で行われたボク、テレパくんにて再び異空間を出現させる。
http://wasbeen.net/



  7月11日@難波ベアーズ

2013年7月11日CLANG QUARTET JAPAN TOUR 2013 難波ベアーズ編@難波ベアーズ

出演:
Clang Quartet (USA)
巨人ゆえにデカイ
Sarry
SOLMANIA

Setlist:
MON
Garandou

アメリカより、超絶ドラマーにして敬虔なキリスト教信者でもあるScotty IrvingによるひとりノイズユニットClang Quartetを迎えてのノイズ・アバンギャルドNight。
各ユニット共壮絶なライブパフォーマンスを披露。



  7月5日Sizen#3@京都寶蓮寺

2013年7月5日(金)

PollenRec (http://p0llenrec.tumblr.com/) presents
Shizen#3
Ambient music and Video Art event
at Horenji Temple, Kyoto
(https://www.facebook.com/kyotohorenjitemple)

出演:
Sindre Bjerga ( Norway)
Sarry (Osaka)
ieva & Go Tsushima (Osaka)
Samuel Ekkehardt Dunscombe (Australia)

TIME PAINTING , Visual by Akito Sengoku
Video Installation by Samuel Andre

Setlist:
Kulichiah
Garandou

京都のお寺の境内にて、光のインスタレーション「Time Painting」に彩られてのステージ。
非日常な空間がそこにありました。



1